法律で保護されている動物

害獣について、数種類紹介させて頂きました。
これらの害獣を見つけたらすぐに害獣の駆除をする必要があります。放っておくと、後のページでも後々お話しますが、とんでもないことになってしまいます。
早め早めの害獣駆除を行って、間違いはありません。害獣を見つけた時は、すぐに害獣の駆除業者へ依頼しましょう。

しかし、こう思われる方もおられるのではないでしょうか?『害獣の駆除業者を呼ばずに、自分で駆除を行っても構わないのだろうか?』と、こう思われた方はいらっしゃいますでしょうか?
害獣駆除は自分で行えるものもあります。しかし、害獣と呼ばれながらも、保護されている動物である為、勝手な駆除が禁止されている動物もいるんです。

また、保護獣の他にも、法律によって、自由に駆除ができない動物もいるんです。
動物の扱い、保護に関する法律は多く、鳥獣保護法や、狩猟法、動物愛護法等、色々な法律により、動物達は守られてしまっているんです。
その為、害獣といえども、自由に動物を駆除することは許されていないんです。

まず、勝手に駆除してはいけない動物の例として、先ほど紹介したハクビシンが代表的な例です。
また、ハツカネズミ、ドブネズミ、クマネズミ以外の動物を駆除する際も、自由に駆除を行えない様なんです。

ではどうすれば良いのかということですが、次のページでお話させてもらいますね。