外来種のハクビシン

別のページで害獣の被害に悩まされる人が多くいることをお話しました。これからは、どの様な害獣被害があるか、また、そんな害獣達の害獣駆除をどうやって行うか、害獣被害が起こる理由など、害獣について、お話をさせていただこうと思います。
害獣といっても、何種類もの害獣が存在しているんです。まずは、代表的な害獣の種類を、何種類か紹介させて頂きます。

まずはハクビシンです。 ハクビシンはネコ科の外来種の動物で、大きさは50センチ以上です。大きなもので70センチ少しでしょう。 どの様な被害があるかというと、夜中の騒音です。

小動物特有の・・・

何故ハクビシンと騒音が関係あるのかというと、ハクビシンの足音が原因なんです。
屋根裏にあがり、深夜にもかかわらず、屋根裏の中を走り回ります。そして、屋根裏等に住み着くのがハクビシンの被害の特徴です。
木や柱を登るのが上手な動物な為、家の中にうまく入り込み、建物の中の材木を噛じったり壊したりして、巣を作る道具にします。
被害はこれだけでなく、さらに辛いのは、糞尿の被害です。巣となった屋根裏や家内の、同じ場所に排泄物を繰り返し行うので、その部分は腐敗し、ダニやカビ、細菌繁殖の原因となってしまうのです。

ハクビシンの被害に遭われた方は、早急な害獣の駆除が必要です。
巣を作られた後は、子供を繁殖しますので、そうなる前に、害獣駆除を行いましょう。