もっとも有名な動物、ネズミ

アライグマに続き、次に紹介する害獣ですが、もっともポピュラーな害獣のネズミです。
ハクビシンやアライグマと同様に山里近くにも存在しますし、都会にも存在する害獣ネズミ。被害に遭う方がもっとも多い害獣は、ネズミではないでしょうか?

ハクビシン、アライグマと同様に、深夜屋根裏を歩きまわり、騒音の被害は勿論ですが、ネズミはハクビシンやアライグマと違い、姿形が小さい為に、色んなところに巣を作り、住み着きます。
例えば、タンスの中や、ふすまの中、台所の引き出しや戸棚の中、冷蔵庫の中なんかにも住み着くんです。想像しただけでも鳥肌が立ちますよね。

害獣代表の行動

ネズミも、家の材木を噛ったり壊したりして、巣を作る時の材料にします。
また、噛じり癖があるので、あちらこちらの家具や物を噛じります。ネズミが噛った後のものは、細菌や病原菌が付着している可能性があるので、処分した方が良いと言われていますし、経済的な被害も大きいでしょう。
また、配線や電気コンセント等も噛ったりする為に、火災の原因にもなりかねません。

ネズミも、繁殖力、生命力が高く、子供が生まれてしまうと、とんでもない害獣被害となります。
害獣駆除をするなら、ネズミが巣を作る前です。害獣駆除が遅れて、子供が生まれてしまったら、大変なことになってしまいます。